fc2ブログ
福岡地方は、今日も朝から晴れており、9時の時点で31.1度であり、今日も猛暑日となりそうである。
軽井沢の国会議員さんがうらやましいなぁ!

事務所では、行政書士試験塾で使用するローラー答練の執筆が続いており、今日中には、憲法人権の執筆が終わりそうである。
こちらの方は、徐々にではあるが進んでいる。

また、来週の土曜日に公民館で講演会があるので、そちらの準備もそろそろしなくてはならないであろう。
80人位いらっしゃるとのことで、わかりやすくお話をしなければと気を引き締めているところである。


話は変わるが、SMAPの話題の続報。
昨日は、福岡公演の初日であった。
ドームから南東1.5km程のところにある当方の事務所の前の道(昭和通り)は、既に16時位から流れが澱んでいて、遠方からいらっしゃったと思われる自動車の多いこと!
夕方のラッシュ時には、結構渋滞が続いていて、ドームへ向かう道の交通情報は真っ赤!
22時半頃自宅から事務所に戻ったのだが、いつもなら空車で天神方面へ向かうはずのタクシーが、どれもお客さんを乗せて走っているのにはビックリ!
さらに、事務所を後にした1時頃にドーム前の道の交通情報が真っ赤だったのには、二度ビックリ!!

SMAPは偉大なり!!!


なお、車で来る場合は、ドーム下の駐車場及びこれに続くホークスタウンの駐車場、ヒルトン福岡シーホークの駐車場及び海浜公園の駐車場に駐車するのは、やめておいた方がよいかと思います。
特にドーム下の駐車場は、出るだけでも2時間近くかかることがあるようですからね。

東からいらっしゃるのであれば、福浜(0.6km~1.2km)・伊崎(1.0km~1.5km程度)、荒戸(1.2km~2.5km)、南からいらっしゃるのであれば地行(0.5km~1.0km)、唐人町(0.6km~1.5km)、西からいらっしゃるのであれば、百道浜 (特に、福岡タワー周辺(1.0km)。たとえば、TNC放送会館の駐車場)です。
TNC放送会館駐車場

シーサイド百道地区の駐車場案内(ただし、ご利用は自己責任で!)
シーサイド百道地区の駐車場案内①

シーサイド百道地区の駐車場案内②

このあたりの安い駐車料金の目安は、1時間100円で、一晩で500円~800円というところでしょうか。

福岡高速にアクセスしやすいのは、百道入口であればシーサイド百道地区、西公園入口(ただし東行のみ)であれば福浜ですね。

当方であれば、①天神方面に向かうときは、福浜・荒戸の駐車場、1時間100円、一晩500円程度に駐車して西公園入口から乗り、②姪浜方面に向かうのであれば、シーサイド百道地区の駐車場、1時間100円、一晩800円程度に駐車して百道入口から乗るという方向で検討しますね。

追加1
福浜、伊崎、荒戸、地行、唐人町は、一方通行路が多いので、駐車場を探しているうちに、時間ばかりが過ぎていく危険があります。そのような方は、大濠公園駐車場や大きな通り(たとえば、よかトピア通り、那の津通り、明治通り、昭和通り)沿いの駐車場に入れ、そこからタクシーという方法があります(大きな通り沿いだと、後で探しやすいですからね)。
大濠公園駐車場

試したことはないのですが、福岡高速の出入口付近に車を駐車して、福岡高速をタクシーで往復する方法も考えられますね。たとえば、天神出入口付近に車を駐車すればよいわけです。
ただし、、①帰る時間に百道出入口でタクシーをひろえるリスクを負うこと、②行き帰りの高速代(片道600円)を負担できること、③夜間まで開いている駐車場であることの条件はありますが……。

追加2
最寄の駅は、福岡市営地下鉄空港線唐人町駅になります。そこから、直線で800メートル位ですが、曲がりくねった道を歩くので、約1kmです(通常なら15分位ですが……)
※ 姪浜駅周辺(唐人町駅まで8分程)、福岡空港駅周辺(唐人町駅まで17分程)に車を置いて、地下鉄を利用する手もあります。
福岡空港駐車場
※ 福岡空港駐車場は、福岡市内に不案内の方にはお勧めです。しかも、24時間営業で安心。ただし、料金が高いです。

※ 妻からの情報によれば、博多駅(唐人町駅まで12分程)周辺でもよい駐車場があるとのこと。
博多駅エキサイドパーキング

追加3
福岡ドームに向かうバスは結構ありますが、時間はまったく読めません。
福岡ヤフードーム行きバス案内

追加4
JR九州では、長崎・熊本・大分に向けて、臨時列車を走らせてくれます。
JR九州 SMAPコンサート臨時列車

ブログランキングに参加しています。よろしければ、ポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ ホームページ制作会社探しなら【BB Planet.jp】
スポンサーサイト



2010.08.20 Fri l 事務所日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hiroohirooyagi.blog54.fc2.com/tb.php/852-aa43cc1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)