fc2ブログ
平成17年度 行政書士試験 問題34は、「商法上の営業等」に関する正誤問題でした。

テーマ自体が商法上の営業等と漠然としており、思いつくままに作問した感じです。

条文問題ですが、正解肢を知っている方は、ほとんどいないでしょうから、得点できればラッキーくらいでよいのでしょうね。

では、平成17年度 行政書士試験 問題34の解答解説を載せておきます。





問題34 商法上の営業等に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1 商法上の問屋とは、自己の名をもって、他人のために、物品の販売または買入をなすことを業とする者である。

2 場屋取引とは、客に一定の設備を利用させることを目的とする取引であり、営業としてこれを行うときは、商行為となる。

3 商法上の仲立人とは、他人間の商行為について、代理または媒介をなすことを業とする者である。

4 匿名組合契約とは、当事者の一方が相手方の営業のために出資を行い、その営業から生ずる利益を分配することを約する契約である。

5 商法上の代理商とは、一定の商人のために平常その営業の部類に属する取引の代理または媒介を行う独立した商人である。








問題34 正解 3
1 正しい
 商法551条は、「問屋トハ自己ノ名ヲ以テ他人ノ為メニ物品ノ販売又ハ買入ヲ為スヲ業トスル者ヲ謂フ」と規定している。

2 正しい
 商法502条7号は、客の来集を目的とする場屋における取引は、営業としてするときは、商行為とすると規定している。

■ 場屋〔じょうおく〕取引とは、客に一定の設備を利用させることを目的とする取引をいう。

3 誤り
 商法543条は、「仲立人トハ他人間ノ商行為ノ媒介ヲ為スヲ業トスル者ヲ謂フ」と規定している。
したがって、仲立人は、他人間の商行為について、「代理」をなすことを業とする者ではない。

4 正しい
 商法535条は、「匿名組合契約は、当事者の一方が相手方の営業のために出資をし、その営業から生ずる利益を分配することを約することによって、その効力を生ずる。」と規定している。

5 正しい
 商法27条は、「代理商 (商人のためにその平常の営業の部類に属する取引の代理又は媒介をする者で、その商人の使用人でないものをいう。以下この章において同じ。) は、取引の代理又は媒介をしたときは、遅滞なく、商人に対して、その旨の通知を発しなければならない。」と規定している。

■ なお、会社法16条にも同様の規定が置かれている。

ブログランキングに参加しています。よろしければ、ポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

 

 

 

ホームページ制作会社探しなら【BB Planet.jp】
スポンサーサイト



2009.10.26 Mon l 行政書士試験 平成17年度 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hiroohirooyagi.blog54.fc2.com/tb.php/534-1e150e2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)