fc2ブログ
平成18年度 行政書士試験 問題58は、「文章の内容判定」に関する組合せ問題でした。

勉強法については、平成19年度 行政書士試験 問題58のとおりです。
また、解説も差し控えます。

では、平成18年度 行政書士試験 問題58の解答を載せておきます。




問題58 次のア~オの各文のうち、本文における筆者の考えと内容的に合致するものの組合せとして、妥当なものはどれか。

●文章の掲載は、著作権侵害につき、不掲載●

(出典 坂部恵「『公論』ということばの衰退の中で」より)

ア 世間の考えが「同」であれば、世人の一致した考え方が示されているから、「公論」と考える根拠となる。

イ 「公論」とは、自然発生的に人々の間から生まれるものなので、為政者の考えや政治姿勢を統御する力がある。

ウ 数量化された世論調査というもので、社会の考え方の趨勢を理解しようとするのは、その社会の考え方を理解するには不十分である。

エ 社会において「公論」を問題にするのは例えば、この語に依らなければ、多数をしめる考えがわからないからである。

オ 「公論」は、その社会の人々の自ずからの考えが現れたものであり、政治の示している方向とは必ずしも一致しない。

1 ア・ウ
2 ア・エ
3 イ・エ
4 ウ・エ
5 ウ・オ






問題58 正解 5
ア 合致しない

イ 合致しない

ウ 合致する

エ 合致しない

オ 合致する

以上により、筆者の考えと内容的に合致するものは、ウ・オであり、正解は5になる。

ブログランキングに参加しています。よろしければ、ポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

 

 

 

ホームページ制作会社探しなら【BB Planet.jp】
スポンサーサイト



2009.09.18 Fri l 行政書士試験 平成18年度 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hiroohirooyagi.blog54.fc2.com/tb.php/465-17019841
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)