fc2ブログ
山笠の追い山を見に行ってきました。

山笠の詳細や画像は、下記WEBサイトをご覧下さい。

山笠

山笠画像

最低の基礎知識だけ解説しておきます。
博多祇園山笠は、正式には「櫛田神社祇園例大祭」と呼ばれるもので、その名称からのお分かりのように博多の総鎮守櫛田神社の氏子が中心となって行う例大祭です。
基本的には、7月1日から15日までで、最終日に行われるのが追い山です。
追い山は、博多祇園山笠のクライマックスを飾るにふさわしい行事で、午前4時59分に一番山笠が山留めをスタートし、櫛田神社境内に設けられた清道を回って奉納をした後、二番山笠から八番山笠までが5分おきに出発し、一つの山笠でおよそ200人~300人程度の舁き手が交代を繰り返しながら博多の町を舁き回ります。
なお、一番山笠から七番山笠までは、舁き山で、須崎町の廻り止め(昭和通りのホテルオークラの前)まで約5kmのコースを駆けるタイムトライアル、八番山笠は、走る飾り山で冷泉公園までのおねりです。

さて、ようやく本編。
4時過ぎに目覚め、那の津通り、昭和通り、明治通り、国体道路をチャリで爆走して、櫛田神社下の交差点にたどり着きました。
もう既に、多数の人垣ができていて、こちらからは、とても櫛田神社近くにたどり着けそうにありません。1点集中のため、人をかき分けて中に入ることも不可能です。やはり、櫛田神社近くで見るのであれば、午前3時くらいには並んでおかないといけない感じですね。
場所を移動したいのですが、舁き山の通り道沿いには人垣がして、とても動ける状態ではないので、一区画大回りをして福岡市営地下鉄の祇園駅へ出たのですが、直線距離であれば100メートルが、回り道では500メートルかかりましたね。

祇園駅の地下道を通り抜けて、ようやく、櫛田神社近くにたどり着いたのですが、もう既に、最後の八番山笠で、残念ながら、今年も舁き山の櫛田神社入りを見ることができませんでしたね。
ただ、八番山笠は、唯一の飾り山なので、舁き山にはない勇壮さがあって感動しました。

この時点で、5時36分ですが、もう既に一番山笠は、ゴールである須崎町の廻り止めにたどり着いているはずです。
こちらも急いで自転車に戻り、博多川沿いに北上して、5分ほどでゴール地点に着きました。
ちょうど五番山笠の到着で、ゴールした男衆の歓喜を見ることができました。
それから10分ほどで最後の七番山笠が廻り止めにたどり着き、今年の山笠は終わりました。

祭りの熱気がこちらにも伝わってきて、毎年感動しますね。
もう来年の山笠が楽しみになっています。

ブログランキングに参加しています。よろしければ、ポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

 

 

スポンサーサイト



2009.07.15 Wed l 福岡便り l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hiroohirooyagi.blog54.fc2.com/tb.php/354-a1c436dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)