fc2ブログ
平成19年度 行政書士試験 問題26は、「開発指導要綱に基づく金銭負担を要求した市の行為の違法性に関する、最高裁判所判決の考え方から導かれる内容」に関する正誤問題でした。

この手の問題は、選択肢を流し読みした上で、設問の見解を読み、選択肢の記述が①設問と矛盾する、②設問の見解と矛盾しないが、述べられていない、③設問の見解に一致するという三つに分けることが重要です。
特に、②の見極めは重要ですから、よく訓練しておきましょう。

なお、本問に関する解答解説をいくつか読みましたが、設問の見解によらず、一般論からの記述がなされているものが多数ありました。一般論の知識をもとに問題を解くとしても、それは補助的な限度で使うべきであり、やはり問題の指示通り、設問の見解を基準にして上記①~③の判断をすべきであると思います。
その点で、平成19年度 行政書士試験 問題26は、過去問に関する出版物を選ぶ上で基準となる問題だと思いました。

では、平成19年度 行政書士試験 問題26の解答解説を載せておきます。



問題26 次の文章は、開発指導要綱に基づく金銭負担を要求した市の行為の違法性に関する、最高裁判所判決の一節である。この判決の考え方から導かれる内容として、妥当なものはどれか。
なお、文章中のXは上告人 (住民)、Yは被上告人 (市) を指す。

「指導要綱の文言及び運用の実態からすると、本件当時、Yは、事業主に対し、法が認めておらずしかもそれが実施された場合にはマンション建築の目的の達成が事実上不可能となる水道の給水契約の締結の拒否等の制裁措置を背景として、指導要綱を遵守させようとしていたというべきである。YがXに対し指導要綱に基づいて教育施設負担金の納付を求めた行為も、Yの担当者が教育施設負担金の減免等の懇請に対し前例がないとして拒絶した態度とあいまって、Xに対し、指導要綱所定の教育施設負担金を納付しなければ、水道の給水契約の締結及び下水道の使用を拒絶されると考えさせるに十分なものであって‥ (中略) ‥Xに教育施設負担金の納付を事実上強制しようとしたものということができる。‥ (中略) ‥右行為は、本来任意に寄付金の納付を求めるべき行政指導の限度を超えるものであり、違法な公権力の行使であるといわざるを得ない。」
(最一小判平成5年2月18日民集47巻2号574頁以下)

1 事業主に対して教育施設負担金の納付を求める行政指導の内容を指導要綱によって定めることは、行政指導の限度を超える違法な公権力の行使である。

2 Yは、Xが行政指導に従わない場合には、水道の給水契約の締結の拒否等の制裁措置を背景として行政指導に従うことを強制することが許される。

3 事業主に対して教育施設負担金の納付を求めること自体は、事業主による納付の任意性を損なうことがない限り、違法ということはできない。

4 教育施設の充実にあてるために事業主に対して寄付金の納付を求める場合には、行政指導によるのではなく条例を制定して行わなければならない。

5 教育施設負担金の減免の前例がない場合には、Yは他の事例との平等を期すため、Xの懇請を拒絶しなければならない。




問題26 正解 3
1 妥当でない
 この判決は、「YがXに対し指導要綱に基づいて教育施設負担金の納付を求めた行為も、Yの担当者が教育施設負担金の減免等の懇請に対し前例がないとして拒絶した態度とあいまって、Xに対し、指導要綱所定の教育施設負担金を納付しなければ、水道の給水契約の締結及び下水道の使用を拒絶されると考えさせるに十分なものであって‥ (中略) ‥Xに教育施設負担金の納付を事実上強制しようとしたものということができる。‥ (中略) ‥右行為は、本来任意に寄付金の納付を求めるべき行政指導の限度を超えるものであり、違法な公権力の行使であるといわざるを得ない。」としている。このように、この判決は、「事業主に対して教育施設負担金の納付を求める行政指導の内容を指導要綱によって定めること」をもって行政指導の限度を超える違法な公権力の行使であるとしているのではなく、YがXに教育施設負担金の納付を事実上強制しようとしたことをもって行政指導の限度を超える違法な公権力の行使であるとしている。

2 妥当でない
 この判決は、「YがXに対し指導要綱に基づいて教育施設負担金の納付を求めた行為も、Yの担当者が教育施設負担金の減免等の懇請に対し前例がないとして拒絶した態度とあいまって、Xに対し、指導要綱所定の教育施設負担金を納付しなければ、水道の給水契約の締結及び下水道の使用を拒絶されると考えさせるに十分なものであって‥ (中略) ‥Xに教育施設負担金の納付を事実上強制しようとしたものということができる。‥ (中略) ‥右行為は、本来任意に寄付金の納付を求めるべき行政指導の限度を超えるものであり、違法な公権力の行使であるといわざるを得ない。」としている。このように、この判決は、行政指導が強制にわたる場合は、行政指導の限界を超えるものとして違法な公権力の行使に当たると考えている。
 したがって、Yは、Xが行政指導に従わない場合に、水道の給水契約の締結の拒否等の制裁措置を背景として行政指導に従うことを強制することは許されない。

3 妥当である
 この判決は、「YがXに対し指導要綱に基づいて教育施設負担金の納付を求めた行為も、Yの担当者が教育施設負担金の減免等の懇請に対し前例がないとして拒絶した態度とあいまって、Xに対し、指導要綱所定の教育施設負担金を納付しなければ、水道の給水契約の締結及び下水道の使用を拒絶されると考えさせるに十分なものであって‥ (中略) ‥Xに教育施設負担金の納付を事実上強制しようとしたものということができる。‥ (中略) ‥右行為は、本来任意に寄付金の納付を求めるべき行政指導の限度を超えるものであり、違法な公権力の行使であるといわざるを得ない。」としている。このように、この判決は、YがXに対し指導要綱に基づいて教育施設負担金の納付を求める行為は、それが任意性を損なうことがない限り、行政指導の限界を超えるものとはいえず、違法ということはできないと考えている。

4 妥当でない
 この判決は、教育施設負担金の納付を求めるのに条例によるべきことについて何ら述べていない。
したがって、この判決の考え方から導かれる内容として、妥当なものとはいえない。

5 妥当でない
 この判決は、「YがXに対し指導要綱に基づいて教育施設負担金の納付を求めた行為も、Yの担当者が教育施設負担金の減免等の懇請に対し前例がないとして拒絶した態度とあいまって、Xに対し、指導要綱所定の教育施設負担金を納付しなければ、水道の給水契約の締結及び下水道の使用を拒絶されると考えさせるに十分なものであって‥ (中略) ‥Xに教育施設負担金の納付を事実上強制しようとしたものということができる。」としている。このように、この判決は、教育施設負担金の減免の前例がない場合に採るべきYの措置について何ら述べていない。
 したがって、この判決の考え方から導かれる内容として、妥当なものとはいえない。

ブログランキングに参加しています。よろしければ、ポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

 

 
スポンサーサイト



2009.04.27 Mon l 行政書士試験 平成19年度 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hiroohirooyagi.blog54.fc2.com/tb.php/221-f6570652
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)