fc2ブログ
平成19年度 行政書士試験 問題23は、「普通地方公共団体の議会」に関する問題でした。

正解肢は、基本知識を問うものであり、得点すべき問題でしたが、「選択肢3は?」と迷った方が多かったと思います。
選択肢3で問題となる法律は、過去問で出題されたことがなく、その意味では、難しい問題だったかもしれません。

では、平成19年度 行政書士試験 問題23の解答解説を載せておきます。



問題23 普通地方公共団体の議会に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1 予算を定めることは議会の議決事件とされているが、議会は、予算について増額して議決することはできない。

2 議会の議決がその権限を超え、または法令もしくは会議規則に違反すると認めるとき、長は、高等裁判所に当該議決の取消しを求めて出訴しなければならない。

3 議会の解散は、議会が長の不信任の議決を行ったとき、または住民から解散請求がなされたときにありうるが、議会が自らの議決に基づき自主解散することはできない。

4 私法上の契約の締結は、非権力的行為であるので、普通地方公共団体の契約締結は議会の議決事件には属さない。

5 議会の議長および議員は、自己の一身上に関する事件または自己の従事する業務に直接関係のある事件については、原則として、その議事に参与することができない。




問題23 正解 5
1 誤り
予算を定めることは議会の議決事件とされている (地方自治法96条1項2号)。そして、同法97条2項本文は、「議会は、予算について、増額してこれを議決することを妨げない。」と規定している。

2 誤り
地方自治法176条4項は、「普通地方公共団体の議会の議決又は選挙がその権限を超え又は法令若しくは会議規則に違反すると認めるときは、当該普通地方公共団体の長は、理由を示してこれを再議に付し又は再選挙を行わせなければならない。」と規定している。
■ なお、当該規定による議会の議決又は選挙がなおその権限を超え又は法令若しくは会議規則に違反すると認めるときは、都道府県知事にあっては総務大臣、市町村長にあっては都道府県知事に対し、当該議決又は選挙があった日から21日以内に、審査を申し立てることができる (同条5項)、当該規定による申立てがあった場合において、総務大臣又は都道府県知事は、審査の結果、議会の議決又は選挙がその権限を超え又は法令若しくは会議規則に違反すると認めるときは、当該議決又は選挙を取り消す旨の裁定をすることができる (同条6項)。そして、当該裁定に不服があるときは、普通地方公共団体の議会又は長は、裁定のあつた日から60日以内に、裁判所に出訴することができる (同条7項)。

3 誤り
議会の解散は、議会が長の不信任の議決を行ったとき、または住民から解散請求がなされたときにありうる (地方自治法178条1項、78条)。そして、議会が自らの議決に基づき自主解散をすることもできる (地方公共団体の議会の解散に関する特例法2条1項)。
■ 地方公共団体の議会の解散に関する特例法 (昭和40年法律第118号)
第1条 (この法律の趣旨)
 この法律は、地方公共団体の議会の解散の請求に関する世論の動向にかんがみ、当該議会が自らすすんでその解散による選挙によつてあらたに当該地方公共団体の住民の意思をきく方途を講ずるため、地方公共団体の議会の解散について、地方自治法の特例を定めるものとする。
第2条 (議会の解散)
1 地方公共団体の議会は、当該議会の解散の議決をすることができる。
2 前項の規定による解散の議決については、議員数の4分の3以上の者が出席し、その5分の4以上の者の同意がなければならない。
3 第1項の議決があつたときは、当該地方公共団体の議会は、その時において解散するものとする。

4 誤り
普通地方公共団体の議会は、その種類及び金額について政令で定める基準に従い条例で定める契約を締結することを議決しなければならない (地方自治法96条1項5号) が、この契約には、私法上の契約も含まれる。

5 正しい
地方自治法117条は、「普通地方公共団体の議会の議長及び議員は、自己若しくは父母、祖父母、配偶者、子、孫若しくは兄弟姉妹の一身上に関する事件又は自己若しくはこれらの者の従事する業務に直接の利害関係のある事件については、その議事に参与することができない。但し、議会の同意があつたときは、会議に出席し、発言することができる。」と規定している。

ブログランキングに参加しています。よろしければ、ポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

 

スポンサーサイト



2009.04.23 Thu l 行政書士試験 平成19年度 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hiroohirooyagi.blog54.fc2.com/tb.php/216-4fe319db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)