fc2ブログ
平成19年度 行政書士試験 問題16は、「行政不服審査法における審査請求と異議申立て」に関する正誤問題でした。

問題自体は、条文の知識を問うものであり、正解肢で問われている審査請求中心主義は、受験生の常識として知っておくべき事柄でしたから、得点すべき問題でした。

では、平成19年度 行政書士試験 問題16の解答解説を載せておきます。



問題16 行政不服審査法における審査請求と異議申立てに関する次の記述のうち、妥当なものはどれか。

1 大臣または外局の長がした処分については、審査請求はできるが、異議申立てはできないのが原則である。

2 審査請求と異議申立ての両方が認められている処分については、そのいずれかを自由に選択できるのが原則である。

3 申請に対する不作為については、審査請求のみが認められ、異議申立てはできないのが原則である。

4 審査請求においては、口頭審理が原則であるが、異議申立てにおいては、書面審理が原則である。

5 処分について、審査請求が認められている場合には、異議申立てはできないのが原則である。





問題16 正解 5
1 妥当でない
 行政庁の処分についての審査請求は、処分庁に上級行政庁があるときにすることができる (行政不服審査法5条1項1号本文) が、処分庁が主任の大臣又は宮内庁長官若しくは外局若しくはこれに置かれる庁の長であるときは、これをすることができない (同号ただし書)。
 処分庁が主任の大臣であるときは内閣が、外局の長であるときは各府省大臣及び内閣が上級行政庁になる (国家行政組織法3条3項等) が、各大臣の行政責任を明確にし、職務上の独立性を尊重する等の観点から、異議申立てを原則とする趣旨である (行政不服審査法6条2号)。

2 妥当でない
 審査請求は、当該処分につき異議申立てをすることができるときは、原則として、異議申立てについての決定を経た後でなければ、することができない (行政不服審査法20条本文)。

3 妥当でない
 行政不服審査法7条は、「行政庁の不作為については、当該不作為に係る処分その他の行為を申請した者は、異議申立て又は当該不作為庁の直近上級行政庁に対する審査請求のいずれかをすることができる。ただし、不作為庁が主任の大臣又は宮内庁長官若しくは外局若しくはこれに置かれる庁の長であるときは、異議申立てのみをすることができる。」と規定している。このように、申請に対する不作為に対しては、原則として、異議申立て又は審査請求のいずれかをすることができる。

4 妥当でない
 審査請求の審理は、原則として、書面による (行政不服審査法25条1項本文)。したがって、「審査請求においては、口頭審理が原則である」との記述は、妥当でない。
 なお、同条項は、処分についての異議申立てにも準用されている (同法48条) から、後半部分は妥当である。

5 妥当である
 行政不服審査法は、処分庁に上級行政庁があるときは原則として審査請求だけをすることができるとし (同法5条1項)、上級行政庁がなくとも法律で審査請求が認められているときには異議申立てをすることができないとし (同法6条)、審査請求中心主義を採っている。
 したがって、処分について、審査請求が認められている場合には、異議申立てはできないのが原則である。

ブログランキングに参加しています。よろしければ、ポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

 

スポンサーサイト



2009.04.10 Fri l 行政書士試験 平成19年度 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hiroohirooyagi.blog54.fc2.com/tb.php/199-666a673c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)